施設概要

 

創造力を育む、直線空間。

札幌大通地下ギャラリー「500m美術館」は、地下鉄大通駅と東西線バスセンター前駅を結ぶ地下コンコースを会場に11月限定でアート作品の展示を行う「さっぽろアートステージ」の美術部門(愛称「500m美術館」)をその前身としています。

その後、市民や芸術文化関係者から常設化してほしいという声を受け、地下通路の有効活用という観点に加え、札幌のアーティストを中心に国内外の芸術文化を発信する場の1つとして、平成23年11月3日(文化の日)に駅施設内の通路に設置するギャラリーとしては日本で最長の施設として常設化しました。

札幌市の地域特性のひとつである地下空間を地元アーティストの発表の場として活用し、札幌の文化芸術を内外に発信するとともに、国内外の作家の作品を展示し、市民が様々な芸術作品に触れる機会を創出することを目的に毎年、複数回の展覧会を実施しています。

<施設情報>

設置場所:地下鉄大通駅と東西線バスセンター前駅間の地下コンコース

照明点灯時間:7:30~22:00(無休)

観覧料:無料

アクセスマップ
会場図のダウンロード(PDF)

地下鉄東西線、大通駅とバスセンター前駅の各エントランスには特殊加工した錆仕上げの鉄を仕様。 42インチのモニターを大通駅側に4面、バスセンター前駅側に2面を配置しています。

展示空間は強化ガラスで囲まれたガラスケースが8基(横幅12メートル / 総計96m)と、9区間に分かれたウォールゾーン(平均横幅13メートル / 総計118m)で構成されています。

 

 

<500メーターズ>

500メーターズとは、アーティストの制作アシスタントや、作品展示のお手伝いなど、500m美術館の管理運営のサポートを行うほか、展覧会の企画や運営方法を学ぶ市内の学生や社会人などで結成された市民ボランティア組織のことで、市民ボランティアが運営に携わっていることが500m美術館の特徴の一つと言えます。

メンバーは、毎月1~2度、札幌市内のギャラリーなどに集まり、年度末に開催する企画展に向けたミーティングを行っています。各回のミーティングにはアドバイザーとして、ギャラリスト、アーティスト、コーディネーターなどアート関係者も参加し、展覧会の企画や運営に関する助言などを受けながら、500メーターズの活動を通してアートマネジメントの実践的な活動を行っています。