カテゴリー
お知らせ一覧 ブログ

第8回札幌500m美術館賞グランプリ発表!

8回目を迎えた「札幌500m美術館賞」、今年度もゲスト審査員に服部浩之氏、審査員に三橋純予氏、吉崎元章氏をお迎えしました。国内・国外から多くのご応募誠にありがとうございました。

 

1月25日(土)、入選作家4人の展示による審査でグランプリが決定しましたので、

グランプリを以下に発表いたします。

 


 

第8回札幌500m美術館賞グランプリ受賞者|川田 知志(かわた さとし)

作品タイトル|「都市の奥、Time Capsule Media」

 

 

「都市の奥」というタイトルが特定されない様々な場所を象徴しており、現代的な問題意識を感じる。とても奥行きを感じる作品で、石膏ボードという建物の内側にあるものを表に出すという意味合いも感じ、完成度が非常に高かった。

 

上記の理由からグランプリに決定いたしました。

 

川田さん、誠におめでとうございます!

 

また、1/25におこなわれた授賞式とアーティストトークでは、入選者4名にこれまでの活動や今回の作品についてお話いただきました。

 

 

今回の入選者の方々です!左から大橋鉄郎さん、川田知志さん、木村充伯さん、西松秀祐さん。

 

そして、三橋純予さんより、グランプリの発表です!

 

 

川田さん、おめでとうございます!

 

 

授賞式のあとは、審査員から4名それぞれの作品の講評をいただきました。

 

 

 

残念ながら今回はグランプリとはならなかった3名の方々もとても素晴らしい作品を展示してくださっています。展示は3月25日(水)までとなっておりますので、みなさまぜひ、ご高覧ください。

 

大橋 鉄郎「Street scenery from street view」

 

木村 充伯「猿、人、そして熊」

 

西松秀祐「身体のタイムライン」

 

—–

 

<概要>

会期|2020年1月25日(土)~3月25日(水)

時間|7:30~22:00

場所|札幌大通地下ギャラリー500m美術館

(札幌市中央区大通西1丁目~大通東2丁目地下鉄大通駅と地下鉄東西線バスセンター前駅間の地下コンコース内)

主催|札幌市

共同企画運営|CAI現代芸術研究所/CAI02、一般社団法人PROJECTA

協力|一般社団法人HAPS、さっぽろ天神山アートスタジオ

出展作家(入選者)|大橋鉄郎、川田知志、木村充伯、西松秀祐

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー
お知らせ一覧 ブログ

1月25日(土)より、500m美術館vol.32「第8回札幌500m美術館賞入選展」、「おとなもがんばるこども壁画」同時開催!!!

1月25日(土)より、2つの展示がはじまります。

ガラスケース8基では、今年で8回目となる「札幌500m美術館賞入選者展」にて入選者4名による展示、壁面では今年で7期目となる500m美術館のボランティアチーム「500メーターズ 007」が企画した「おとなもがんばるこども壁画」が開催されます。

どちらも会期は2020年1月25日(土)〜3月25日(水)となっておりますので、

お見逃しなく!

 

500m美術館vol.32 「第8回札幌500m美術館賞 入選展」

 

500m美術館vol.32 「おとなもがんばるこども壁画」

カテゴリー
アーティスト紹介

大橋鉄郎

カテゴリー
アーティスト紹介

川田知志

カテゴリー
アーティスト紹介

木村充伯

カテゴリー
アーティスト紹介

西松秀祐

カテゴリー
過去の展覧会

500m美術館vol.32 「おとなもがんばるこども壁画」

 

第7期500メーターズでは、真冬に通勤・通学する人々の気持ちが少しでも明るく暖かくなってほしいという気持ちを込めてアーティストとこども達(大人も)が一緒に巨大な壁画を描く、壁画のプロジェクトを企画いたしました。

たくさんのこども達の無垢な感性と第一線で活躍される現代絵画作家がコラボレーションし、大人もこども達と一緒に描くことで、難解と思われがちな現代アートをより身近に感じてもらうことができると考えます。

また、子供たちの自由でのびのびとした色や形や線を大人達がサポートして大きく描くなど、道ゆく老若男女の目を大いに楽しませてくれることでしょう。

 

 

[開催概要]                                                                           

会期|2020年1月25日(土)~3月25日(水)7:30~22:00

会場|札幌大通地下ギャラリー500m美術館

住所|札幌市中央区大通西1丁目~大通東2丁目

(地下鉄大通駅と地下鉄東西線バスセンター前駅間の地下コンコース内)

主催|札幌市

共同運営|CAI現代芸術研究所/CAI02、一般社団法人PROJECTA

作家|笠見康大

 

 

 

<作家プロフィール>

 

笠見康大(画家)/北海道文教大学人間科学部こども発達学科講師

 

 

1982年福島県いわき市出身。北海道文教大学人間科学部こども発達学科講師で、大学では幼児の造形教育や小学校図画工作の授業を担当。 共同研究では小学生とその保護者を対象としたワークショップの研究や障がいのある子どもとかかわる活動の研究を行う。

 

 

 

カテゴリー
過去の展覧会

500m美術館vol.32 「第8回札幌500m美術館賞 入選展」

500m美術館では、2019年度も現代アートの作品プランおよび企画プランのコンペティション「第8回 札幌500m美術館賞」を実施しました。

 

2019年7月15日〜9月23日まで、500m美術館のガラスケース(幅12,000mm × 高さ2,000mm × 奥行650mm)2基、全長24mの作品展示プランを募集し、29組の応募がありました。昨年に引き続き、ゲスト審査員に服部浩之氏をお招きし、審査員三橋純予氏、吉崎元章氏による1次審査、2次面接審査を経て、「大橋 鉄郎、川田 知志、木村 充伯、西松 秀祐」4名のアーティストが入選しました。
2020年1月25日から開催する「第8回 札幌500m美術館賞入選展」では入選者4名の展示を開催します。

 

1月25日は、実際の作品展示による審査でグランプリを決定。
展覧会初日となる1月25日16時からは、グランプリの発表、授賞式、審査員を交えたアーティストトークを行いますのでどなた様もお気軽に、ご来場ください。

 

 


 

 

<入選作家(50音順)>

 

大橋 鉄郎

川田 知志

木村 充伯

西松 秀祐

 

 


<グランプリ授賞式・アーティストトーク>

 

日時|2020年1月25日(土)16:00~18:00|入場無料
会場|カナモトホール(市民ホール)第2会議室(札幌市中央区北1条西1丁目)

 

ゲスト審査員|
服部浩之(インディペンデントキュレーター・秋田公立美術大学大学院准教授・第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館キュレーター)

 

審査員|
三橋純予 (北海道教育大学岩見沢校美術文化専攻教授)
吉崎元章(札幌文化芸術交流センターSCARTSプログラムディレクター)

 

 

<概要>

 

会期|2020年1月25日(土)〜3月25日(水)
時間|7:30〜22:00
場所|札幌大通地下ギャラリー500m美術館
(札幌市中央区大通西1丁目~大通東2丁目地下鉄大通駅と地下鉄東西線バスセンター前駅間の地下コンコース内)
主催|札幌市
共同企画運営|CAI現代芸術研究所/CAI02、一般社団法人PROJECTA

協力|一般社団法人HAPS、 さっぽろ天神山アートスタジオ