500m美術館vol.39上遠野敏展「命と祈りの約束」

500m美術館では北海道の現代美術を牽引してきた作家たちを取り上げ個展形式で発表する企画を昨年から行なっています。その第二弾として500m美術館vol.39は、美術家であり札幌市立大学名誉教授の上遠野 敏の展覧会を開催します。

東京藝術大学大学院彫刻専攻修了後、札幌市立大学で教鞭を執りつつ長年にわたり美術家として国内外で作品を発表してきた上遠野は現在、大学を退官し三笠にアトリエを構え積極的な制作活動を展開しています。三笠をアトリエに選んだのは上遠野が2009年から関わってきた空知地区の炭鉱跡地アートプロジェクトの延長上のことでしょう。この炭鉱跡地アートプロジェクトで上遠野はアーティスト兼ディレクターを務め、近代化における人間社会と自然との関わりの中に発生するポジティブとネガディブの両面を北海道の産炭地を舞台に検証し、美術表現で自然と人間との新たな共生を示唆しています。

上遠野は炭鉱跡地アートプロジェクトの他、北海道に伝わる縄文文化からアイヌ思想、さらに自然を神としたアニミズムや神仏習合にみられる見えないものに対する人の行いに美しさを見出しつつ、森の木や石に紙垂、御幣、エリモノなど、古くから伝わる古神道の儀式行為を上遠野独自の現代美術表現で行い、時には仏師となり地蔵制作や近代の偉人を仏像化する仕事もしています。

近年の上遠野の表現行為は、世の中の全ての物事に精霊が存在することを信じつつ、常に全てにおいて感謝の念を抱いているかのように見えてなりません。2020年に上遠野が参加した野外美術展では、自ら制作した地蔵の周りに数百本の造花を丁寧に地面に植え付けました。造花といえども祈ることで命が宿る神聖な作品へと昇華され、そこにも精霊が存在することを誰もが感じたことでしょう。

上遠野の表現行為は見えない何かとの神聖な約束を果たしているようにみえます。500m美術館vol.39は上遠野の長年にわたる造形行為の軌跡と感謝の表現形を多くの道民市民と共有したいと企画したものです。

===============

■500m美術館vol.39

上遠野敏展「命と祈りの約束」 展覧会概要

会 期 |2022年8月20日(土)〜10月26日(水)

会 場|札幌大通地下ギャラリー500m美術館

住所|札幌市中央区大通西1丁目~大通東2丁目
(地下鉄大通駅と地下鉄東西線バスセンター前駅間の地下コンコース)

時 間|7:30~22:00

展示作家|上遠野 敏

主 催|札幌市

企画運営|CAI現代芸術研究所/CAI03(有限会社クンスト)、一般社団法人PROJECTA

※本展はガラスケース8基での開催となります。

===============

ご来場いただいた方を対象にWEBアンケートを実施しております。
今後のより良い企画運営のため、ご協力お願いいたします。
【回答方法】下記のURLにアクセスしてご回答ください。
https://www.city.sapporo.jp/shimin/bunka/500mbijutukan/2022_questionnaire500m.html
(札幌市公式ホームページ ホーム > 教育・文化・スポーツ>文化・芸術>札幌市所管の文化施設について(指定管理者制度など)>札幌大通地下ギャラリー「500m美術館」)

Category:お知らせ一覧,

第10回美術館賞 募集開始!応募期間 8/1~9/30まで

第10回 500m美術館賞 現代アートの作品プラン及び企画プランのコンペティション!

今年も第10回 札幌500m美術館賞を開催します!!

作品プラン・企画プランは、8月1日(月)−9月30日(金)まで募集!!

今年もたくさんのご応募をお待ちしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■開催概要 500m美術館では、2022年度も現代アートの作品プランおよび企画プランのコンペティション「第10回 札幌500m美術館賞」を実施します。

500m美術館のガラスケース(幅12,000mm × 高さ2,000mm × 奥行650mm)2基、全長24mの作品展示プランを募集。アーティストの個展、キュレーターによる企画展、作家同士のグループ展など、ガラスケース2基の空間を生かしたプランの中から4組を選出。二次審査を通過した入選者4組には「500m美術館賞入選展」として、500m美術館に実際に展示していただきます。

展覧会初日に審査し、その中から1組をグランプリに選出します。

たくさんのご応募をお待ちしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ゲスト審査員 木村絵理子(横浜美術館 主任学芸員)

■審査員 三橋 純予 (北海道教育大学岩見沢校美術文化専攻教授)

吉崎元章(本郷新彫刻美術館館長)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■募集期間 2022年8月1日(月)−9月30日(金)[必着]

■出品料 無料

■制作費 二次審査を通過された4組に各20万円

■賞金 4組の中からグランプリに選出された1組には賞金20万円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■第10回500m美術館賞入選展 会期 2023年1⽉21⽇(⼟)~3⽉29⽇(⽔)

■展示場所 500m美術館ガラスケース

(幅12,000mm×高さ2000mm×奥行650mm)2基 全長24m

(所在地: 札幌市中央区大通西1丁目~大通東2丁目 (地下鉄大通駅と地下鉄東西線バスセンター前 駅を結ぶ 地下コンコース(地下2階相当)内)

■ 500m美術館賞グランプリ審査・授賞式・アーティストトーク 2023年1月21日(土)

※新型コロナウイルス感染拡大状況によってはオンラインでの授賞式になる可能性もあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■応募から展示までの流れ

1.応募開始 2022年8月1日(月)

2.応募締め切 2022年9月30日(金)[必着]

3.一次審査 2022年10月中旬

4.二次面接審査 2022年11月初旬(10:00〜)入選作家決定

5.作品設営期間 2023年1月18日(水)~1月20日(金)10:00-17:00(3日間)

6.展覧会期間 2023年1⽉21⽇(⼟)~3⽉29⽇(⽔)

7.搬出撤去 2023年3月30日(木)〜31日(金)10:00-17:00(2日間)

※ 一次審査通過者にのみ10月中旬までにメールで通知

※ 二次審査に通過した入選者4組は11月下旬に500m美術館のホームページで告知

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■応募方法 応募方法・応募要項に関する詳細につきましては、以下よりダウンロードください。

[応募用紙] Word|500m__Award_2022_form.

PDF|500m_Award_2022_form

[応募要項] Word|Award_2022_guideline /

PDF|Award_2022_guideline /

[施設概要] URL| http://500m.jp/about

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■応募先およびお問い合わせ先

(500m美術館企画運営業務受託者)

CAI現代芸術研究所/CAI03 担当:佐野

〒064-0914 北海道札幌市中央区南14条西6丁目6-3

E-mail:sano@cai-net.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■主催 札幌市市民文化局文化部 Tel:011-211-2261

Category:ブログ, お知らせ,

500m美術館 vol.38会期延長のお知らせ

4月23日より開催中の展覧会の会期を、以下のとおり延長いたします。

vol.38 「ながめのいい場所」

当初予定 : 2022年4月23日(土)~7月6日(水)

→変更後 : 2022年4月23日(土)~8月3日(水)

vol.38 The WALL vol.3 国松紗智子 「Line of Sight – 視線」

当初予定 : 2022年4月23日(土)~10月12日(水)

→変更後 : 2022年4月23日(土)~10月26日(水)

_____________________

Category:お知らせ一覧,

第9期「500メーターズ」ボランティアメンバー大募集!!

2022年5月より、500m美術館の企画・制作・管理・運営など業務をサポートしてくれるボランティアのアートマネジメントチーム「500メーターズ」の第9期メンバーを大募集します!

500メーターズとは、アーティストの作品制作アシスタントや展示サポートのほか、展覧会の企画や運営方法を学ぶ市内の学生や社会人などで結成された市民ボランティア組織です。2022年10月に、500メーターズプロジェクト009としての500m美術館での展覧会を予定しており、その実施へ向けた企画会議を行います。

————————————————————–

<第9期500メーターズ活動期間>


2022年5月19日(木)~2023年3月末(期間中いつでも参加可能)     

スケジュールはこちら。    

————————————————————–

<参加条件>


・アートに興味があること。
・企画(展覧会)をつくることに興味があること。

————————————————————–

<定員>


先着20名。全日程に参加できなくても構いません。お気軽にご参加ください。

————————————————————–

お申込み方法


表題を「第9期500メーターズ参加希望」とし、
お名前、職業、生年月日、電話番号、PCメールアドレスの5つをご記載の上、
担当:長谷川 宛(info@projecta.or.jp)までご連絡ください。

————————————————————–

お問い合わせ 

一般社団法人PROJECTA
札幌市中央区北2条西4丁目1 赤れんがテラス5階 テラス計画
担当:長谷川
Mail info@projecta.or.jp
Web https://www.projecta.or.jp

Category:ブログ, お知らせ,

500m美術館 vol.38 「ながめのいい場所」       

会期 :

500m美術館 vol.38 「ながめのいい場所」

空間そのものを作品化するインスタレーションを考察する展覧会「ながめのいい場所」は、500m美術館の特徴とも言える正面性のある横長のガラスケースというある種独特なスペースに5名のアーティストが空間を構成する。

インスタレーションの名手たちがそれぞれの言葉や素材や色や形、イメージや残像、重力や曖昧さなどを用いて繊細なリズムで作品を配置することで、500m美術館がこれまでとは違う静けさとともに空間全体が凛と立ち上がってくることを想像している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■500m美術館vol.38
「ながめのいい場所」展覧会概要

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会 期|2022年4月23日(土)~ 8月3日(水)

※当初7月6日(水)終了予定でしたが会期延長となりました。

会 場|札幌大通地下ギャラリー500m美術館

住所|札幌市中央区大通西1丁目~大通東2丁目
(地下鉄大通駅と地下鉄東西線バスセンター前駅間の地下コンコース)

時 間|7:30~22:00

展示作家|青木陵子 今村育子 小林知世 三田村光土里 八鍬百花

主 催|札幌市

企画運営|CAI現代芸術研究所/CAI03(有限会社クンスト)、一般社団法人PROJECTA

企画担当|高橋喜代史(一般社団法人PROJECTA)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■搬入風景

年別アーカイブ: