磯崎道佳
Michitaka Isozaki

Profile

様々な表現形態、素材を通じて、誰もが持つ好奇心を引き出し、新しい視点を発見する場を制作している。1968年水戸市生まれ。1996年多摩美術大学大学院美術研究科修了。2001年P.S.1/MoMAインターナショナルスタジオプログラムに参加(NY)。現在北海道ニセコ町在住。主なプロジェクトに、面識のない者同士による手紙の交換を目的とした「パラシュートとマキオ」。参加者と巨大バルーンを制作する「ドーム/DOMEプロジェクト」。雑巾で等身大の動物を制作する「ぞうきんぞう/Zokin Zoプロジェクト」、「モップの生活/Life of Mop」、「笑う机 - smile one the desk」など。

1968 水戸市生まれ
1996 多摩美術大学大学院美術研究科修了
2001 Asian Cultural Council グラントによりP.S.1
    /MoMA インターナショナルスタジオプログラムに参加
2004 財団法人北海道文化財団の助成を受けオランダへ研修

■主な展覧会
2013 「大地を包む-繊維からの再考」越後妻有里山現代美術館[キナーレ] (新潟)
2012 「笑う机 - smile on the desk」ARCUS project (茨城)
2011 「新・港村 / 新港ピア」BankART1929(横浜)
    「アートから出て、アートに出よ 美術館が消える9日間」
    北海道立近代美術館(札幌)
    「マキオ・パレード」高知市市街地(高知)
2010 「六甲ミーツアーツ芸術散歩2010」六甲山(神戸)
2009 「むこうのさくら」(2008年から継続)佐倉市立美術館(士幌町)
2007 「笑い展:現代アートにみる〈おかしみ〉の事情」森美術館(東京)
2006 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2006(2003、2000)(新潟)
2005 「IIMAWASHI」MERZ GALLERY(エジンバラ、スコットランド)
2004 「カフェ・イン・水戸 2004」水戸芸術館(水戸)
    第2回府中ビエンナーレ−来るべき世界に、府中市美術館(東京)
2002 「Listening to New Voices」
    P.S.1 Contemporary Art Center(ニューヨーク、アメリカ)