TOLTA(トルタ)

Profile

河野聡子、佐次田哲、関口文子、山田亮太の4人からなるヴァーバル・アート・ユニット。
2006年発足。詩を中心とした言語作品の多様なあり方を探求し、「言葉」との関わりを軸にしたインスタレーション・パフォーマンスを制作する。また多数の詩人、短歌・俳句・音楽・演劇等、他ジャンルのアーティストを巻き込んだプロジェクトを実施している。

■主な刊行物
2015アンソロジー詩集『現代詩100周年』
2011絵のないマンガ雑誌『トルタのマンガ』
2009/2010/2014国語教科書のパロディ『トルタの国語』シリーズ

■主なインスタレーション
2017-2018「質問があります」 (アーツ前橋×前橋文学館「ヒツクリコガツクリコ 言葉の生まれる場所」展/前橋)
2016「ポジティブな呪いのつみき-ダダでない、ダダでなくない展」
(ダダ100周年フェスティバル+SPIRAL GALLERY VOLTAIRE /東京)2015「まえばしポートレート」(アーツ前橋「音色を奏でる絵画たち」関連イベント/前橋)
2011「木曜日の私」(新宿眼科画廊「皮膚と地図II-記憶と時間への近づき方」/東京)

■主なパフォーマンス作品
2017「代替エネルギー推進デモ」(両国門天ホール/東京)
2016「スペクトラム・ダダ・ナイト」(ダダ100周年フェスティバル+SPIRALG ALLERYVOLTAIRE/東京)
2014「雨の確率」(自作ロボットと役者による演劇作品・トラボ/東京)