木村 富秋
Kimura Fusyu

「鳥唄(凍土)」 「鳥唄(岬)」

スペインのチェリスト、パブロ・カザルス。その「鳥の歌」の曲想に触発され、この「鳥唄」シリーズが生まれました。人が感じる事の出来る喜び、悲しみ、安らぎなど、この普遍的で永遠に変わらないもの、私はそのひとつひとつを、日本人としての美意識を込めた色、形、線、画肌などの空間造形を織り交ぜながら、絵画として表現しています。

Profile

1945年 伊達市生まれ。札幌市在住。2010年 輝け独立美術(日本橋三越)東京、新世紀の顔展(銀座高輪画廊他) 2009年 SAPPORO ART PRANETS展(JRタワープラニスホール)札幌 2008年 ACT5展(北海道立近代美術館)札幌 2007年 損保ジャパン美術財団選抜奨励展秀作賞(東郷青児美術館)東京、第1回北海道現代具象展(以後毎回出品) 1993年 さっぽろ美術展(~2001迄毎回出品) 1986年 北海道の美術’86展(北海道立近代美術館)札幌 個展/札幌時計台ギャラリー、道新ギャラリー、大同ギャラリー、エルム画廊、ギャラリーどらーる、帯広弘文堂、銀座井上画廊、その他 現在、独立美術協会会員、全道美術協会会員