展覧会情報

500m美術館vol.30 「The WALL 01 」鈴木ヒラク

会期 : 2019年7月13日(土)〜2020年1月14日(火)

 

500m美術館では、現代の壁画を考察する展覧会、「The WALL 01 」鈴木ヒラクを開催します。地下コンコースに設置された500m美術館において壁画作品はかねてより期待されており、公共空間における美術展示の可能性を押し拡げると考えます。

本展は500m美術館では初となる6ヶ月間の会期という⻑期展示となり、⻑い壁面に描かれた作品が半年間のあいだ、通行する市⺠とともに息づいていくでしょう。

今回は作家によるライブドローイングを行い、1日という限られた時間内で瞬発的に描かれます。100mを超える壁画のダイナミックな展開は、ある種の絵巻物のように右にも左にも進行するストーリー性とストリートを歩く人々に語りかけるような親近感が、500m美術館に対するイメージを新たに豊かに膨らませてくれるものと願っています。

 

(画像:歩く言語 2015 壁にシルバースプレー、シルバーインク, h6000 x w55000mm, 国際芸術センター青森での展示風景 2015年, 写真: 小山田邦哉 © Hiraku Suzuki)

 

 

<開催概要>

 

タイトル|500m美術館vol.30 「The WALL 01 」鈴木ヒラク

会期|2019年7月13日(土)〜2020年1月14日(火)

時間|7:30〜22:00

会場|札幌大通地下ギャラリー500m 美術館

住所|札幌市中央区大通⻄1丁目〜大通東2丁目

(地下鉄大通駅と地下鉄東⻄線バスセンター前駅間の地下コンコース内)

主催|札幌市市⺠文化局文化部文化振興課

企画|CAI現代芸術研究所/CAI02、一般社団法人PROJECTA

 

出展作家>

 

鈴木ヒラク

 

 

 

<アーティストトーク>

1部 「思考するドローイング」18:00-19:00

2部  「The WALL 01 」鈴木ヒラク 19:00-20:00

日時|2019年7月13日(土)

会場|CAI02(札幌市中央区大通⻄5丁目昭和ビルB2)

モデレーター|端聡

参加作家|大内りえ子、小林知世、玉山拓郎、林匡宏、鈴木ヒラク

 

※18:00〜は同時開催となる「思考するドローイング」のアーティストトークを開催いたします。

 

<作家プロフィール>

 

鈴木ヒラク

 

1978年生まれ。アーティスト。2008年東京藝術大学大学院修了後、シドニー、サンパウロ、ロンドン、ニューヨーク、ベルリンなどの各地で滞在制作を行う。平面・彫刻・映像・写真・パフォーマンスなど、ドローイングの概念を拡張するような制作活動を展開している。2017年FID Prizeドローイングコンテスト(パリ)でグランプリを受賞。著書に『GENGA』(2010,河出書房新社)などがある。2019年はフランス、モンペリエの美術館La Panacee、東京都現代美術館などで展覧会に参加。

 

 

 

 

 

(画像:点が線の夢を見る 2017 壁に反射板、スプレーペイント、マーカー、ウレタン塗料, 大分市中央通り線地下道におけるパブリックアート作品, 写真: 久保貴史 © Hiraku Suzuki )

 

 

 

今回の展示に関して、ご意見をお聞かせください。

お寄せいただいたご意見はすべて目を通し、今後の展覧会の質の向上のために活用させていただきます。
※ご意見に対して直接回答させていただくことはできませんので予めご了承ください。

今回の展覧会の感想は?

その他、ご意見・ご要望などありましたらお聞かせください。