鈴木 涼子
Suzuki Ryoko

「私は」

「私とは何か」という人間存在の根源的問いに対して、まっすぐに答えが出る人はいないと思う。
そもそも私が誰であるのか、という事を我々は本当の意味で理解しているのだろうか?私とは何かという問いも、誰が誰に問うているのか?現代ほど他者との関わりを大切にする必然にとらわれた時代はないであろう。
その為には、まず「私は」何であるか考える必要がある。この人間/人形の中には、私の着古した服が詰まっている。私自身をメルクマールする為に…。

Profile

1970年 札幌市生まれ。2005年 第21回東川賞特別賞受賞。同年、第15回道銀芸術文化奨励賞(美術部門)受賞 2007年 文化庁芸術家在外研修員(ドイツ) 2011年 札幌ビエンナーレプレ企画(北海道立近代美術館) 2010年 DOMANI・明日展 未来を担う美術家たち(国立新美術館)東京 2008年 愛する美術(札幌芸術の森美術館) 2007年 グローバル・フェミニスムス展(ブルックリン美術館)ニューヨーク 2004年 上海ビエンナーレ(上海美術館) 2001年 手探りのキッス 日本の現代写真(東京都写真美術館)