艾沢 詳子
Yomogizawa Shoko

「After TSUNAMI “Ⅱ”」

11・12月に入って私は人生で初めて骨を折って入院してしまった。突然襲った非日常という生活、また元に戻れるという確信の生活は心穏やかにしてくれ、リハビリも始まり、少しずつ動かせる指先から希望の小人たちは生まれてきた。

Profile

1949年 由仁町生まれ、札幌市在住。1995年 ACCグラントの取得でニューヨーク研修。1997年 北海道文化財団の助成でニューヨーク研修。2006年 北の彫刻展2006「感性を刺激する素材の魅力」(札幌彫刻美術館)札幌 2004年「芸術の森インスタレーション#6」(札幌芸術の森美術館/有島武郎旧邸)札幌 2004〜05年 A・MUSE・LAND2005「むすんでひらいて」(北海道近代美術館)札幌 1999年「メディテーション 真昼の瞑想」(栃木県立美術館)宇都宮 1998年「北の創造者たち’98 平面の断章“知覚される身体性”」(札幌芸術の森美術館)札幌 1995年「第3回 バハラットバーバン国際版画ビエンナーレ」(ロパンカー美術館)インド 1994年「第13回グレンヘン国際版画トリエンナーレ」スイス、「’94 現代の版画 1994」(渋谷区立松濤美術館)東京 ほか札幌・東京・神戸・浜松・大阪・京都・金沢などで個展。